女性社内SEの口コミ解析ブログ

テキストマイニングを使った記事をご紹介。

朝食後にお腹が痛い原因と対処法について

朝食後にお腹が痛くなる方っていますよね。私もあるものを朝に摂取と必ずおなかが痛くなります。今回はその原因と退所について書いてみたいと思います。朝食後になぜかおなかが痛くなる方のお役に立てれば幸いでございます。

同じような悩みをお持ちの方はぜひご一読くださいませ。

f:id:gomasaba4u:20220130112014j:plain

それでは、短い記事ですがどーぞ!

お腹が痛くなるタイミングは朝食後っていう方。

まず最初にお腹が痛くなるタイミングですが、決まって朝食後ってかたは原因が明確かもしれません。その原因は牛乳かもしれません。

 

Twitterとかでも多くの方が悩まれているようです。

牛乳は体質によっては必ずと言っていいほどお腹を痛くするようです。

私の場合は少量摂取しただけで必ずおなか痛くなりますw。

対処法がこちら。

対処法は牛乳を飲まないことです。医学的は「乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)」というらしいのです。年齢が上がるにつれてこの症状も起きやすくなる場合があるようです。その場合は牛乳は体質に合っていないとあきらめたほうが無難かもしれません。もしくは温めて飲んだり、量を少なくして飲むとおなかが痛くなりにくいそうです。

とはいえ朝に牛乳って飲みたくなりますよね。私はたまーに飲みたくなります。そういう時の対応としては休日に牛乳を摂取するようにしています。コーヒーに少量入れますが、かならずおなか痛くなります。解釈を変えれば便意を促すので便秘気味の人とかは休日の朝に冷たい牛乳を飲んで便意を促すのもありだと思います。

f:id:gomasaba4u:20220130113719j:plain


そう思えれば休日に牛乳をあえて摂取する意味もありますよね。

この記事がどなたかのお役に立てれば幸いでございます。

 

ではでは。

 

ごまさば